スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商品バージョン追加


大変ご好評頂きながらも品薄状態が続き、多くのお客様にご迷惑をおかけしております「ワイヤレスコントローラ改造パーツセット」。
ゲーム機器のパーツを採用している関係で、現在少量ペースの出荷が続いてしまっていますが、夏休みシーズン前には出荷ペースも回復できる見込みです。

そして同時に、やはり沢山のお客様からリクエストが寄せられていた、ゲームパット信号変換ユニットの単品販売もこの夏から開始したいと思います。
こちらはゲームコントローラ本体、胸部メタルカバー等を含まず、信号変換ユニットとマイコン間の接続ケーブル、CDのみとした、改造技術のある中、上級者向けキットとして定価五千円位で用意する予定です。
既に持っているゲームコントローラを使いたいと言う方、自作マシンに組み込みたいと言う方にお勧めしたいと思います。

手軽に拡張したいお客様には従来通りのフルセット、腕に覚えのある方は組込み用パーツセットに挑戦してみてはいかがでしょう?


スポンサーサイト

人型以外もやってます


ここ最近件数が増えている試作、開発案件の多くは二足タイプですが、車両タイプの案件もいくつかあります。

必然的に中型~大型のロボットになるので、今の所は試作又は数台の複製製作の範囲で承らせて頂いてます。
各企業様の企画において「こんなの作れる?」と言う話題があれば、ぜひ一度お声掛け頂ければ幸いです。

今年の冬には国際ロボット展もありますので、積極的に開発を進めたいと思います。

例の企画も復活!!

ROBONOVA-1ユーザー&ROBOZAK読者の皆さんに朗報!!
すっかり頓挫していたと思われていた”アノ企画”が12月に復活開催!
詳しいことは7月上旬に入ってからHitecジャパンのWEBサイトをチェックするべし。

今のところこれ以上言えません(滅茶苦茶思わせぶりw)。皆さんロボットの準備しといてくださいね!!



・・・ふ、叩かれた位でつぶされませんて。

始祖、復活。


写真だと良く分からないかも知れませんが、向かって右側の青いNOVAはカラーフレームセットではなく、日本で始めてその形になった”プロトタイプNOVA”です。

ROBOZAK2号のDVDやTVコマーシャルでRZ-1にボコられて(笑)いるカット等でチラッと登場しています。

 ただの色替えと思うなかれ、日本全国約3万人のROBOZAK+ROBONOVAユーザーの手元にいるロボットたちの、いわば始祖とも言うべきマシンなのです。耐久試験?で富士山頂で踊ったりしていたマシンがまさにコレ。
さすがに耐久限界でマイコンやサーボが死んでしまっていたのを、今回”子孫”のパーツを一部流用して修理、復活させてみました。

ぱっと見同じ形状に見えますが、プロトタイプ故に量産型(RZ-1&NOVA)とは各部の細かい形状や寸法が違ったり、サーボホーンが黒ではなく白だったりと、意外に量産までの間に変更点が多かったことを改めて再認識。
プロト機のフレームを韓国で受領してから今に至るまでの出来事をこの機体を眺めながら思い出すと、これからやろうとしている商品化企画(MT-2cのアレ)にも、新しいアイデアが湧いてくるような気がします。

ちなみに、一緒に写っている白いのは、日本で1セットだけしか用意しなかった、クリア版プラスーツを装着した焼付け白塗装バージョンのNOVAタイプです。車のボディと同じ塗装処理をしていると考えてもらえればまあ大体合ってるかと思います。

展示会(準備)シーズン到来


「まだ早いだろう」という声もありますが、秋~冬にかけて行われる各種展示会にロボットを使用したいと言う企業様からのオーダーは今が真っ盛りなのです。

写真は某社様に先日納品された”メーカーロゴ全消去バージョン”のROBONOVAです。
もちろん別料金ですが、展示内容にあわせた小改造からフルカスタムまで色々承っていますので、展示物のインパクト不足にお悩みの企画広報ご担当の皆様、ぜひお気軽にお声かけ下さい。

マックユーザーってすごいかも・・・


「週刊ROBOZAK」の読者さんの中ですごいところを教えてもらいました。
RZ-1_Blog
管理人:miconoさんのRZ-1用に色々なツールを作っちゃおう!なブログです。
ウチのブログでもお世話になっているコムムスさんがツールのテスト等一緒にがんばられている様です。
何をいまさらでは有りますが、こういった地理的距離を越えていろんな人が協力できる環境こそがNET世界の良い点なのだと改めて実感しました。

もう既に多くの人がご存知だとは思いますが、RZ-1とROBONOVA-1のモーションデータはそのままでは互いに流用できません(ごめんなさい何せ雑誌の企画なので・・・)。
こまかいコマンドの書き換えなどはともかく、角度データの修正となるともう気が遠くなると思います。
miconoさんのブログでは、この角度データの変換ツールを作って、テスト版?がダウンロードできるようになっています。
・・・ぶっちゃけすごい便利ですコレ。
さらに、MAC用ROBOBASICとでも言うべきツールの開発にも乗り出しているそうで、なんだか色々と応援したくなっちゃいます。

どうもここ最近、MACユーザーの皆さんは創造力とバイタリティがものすごいんだなあ、と感心する出来事が続いていて驚いています。「無ければ作る」を迷わず実行できる心意気、ぜひ見習いたいです。

楽天市場/スーパーwifi

お得なスーパーwifi

さて、稼ぎますか!

楽天市場/お勧め

楽天市場/ホビー

楽天トラベル

amazon/パソコン周辺機器

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。