スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NOVAタイプ専用無線操縦ユニット


先日めでたく最終号の刊行を果たした「週刊ROBOZAK」にも付属していました、「NOVAタイプ用4チャンネル無線操縦ユニット」。

これに対応したテンプレートプログラムを作っていなかったので早速用意してみました。
ダウンロード販売の方は月末UP予定です。

今回の無線操縦ユニット、送信機こそ従来のラジコンプロポそのものですが、受信機側は専用開発品の為あたらしいプログラムを用意する必要がありました。
雑誌に付属しているのはRZ-1完成形態、いわゆる”フルオプション”用のものらしいので、こちらでご用意するのは通常のNOVAZAKノーマルタイプ用でモーションデータを揃えたいと思います。

・・・”ものらしい”という表現がなんとも曖昧ではありますが・・・。

ROBOZAKオプション号に付属しているプログラムデータ(プログラムCD-5等)には、当社の社名が表記されていますが該当プログラムを作成したのは弊社ではございません。
これについてはお客様からのご指摘で発覚し、現在事情確認をしていますがさすがに「ウチ作ってないから知らない」と言って良いロボットでは有りませんので、大急ぎで解析、皆様の問い合わせに対応できるよう準備を進めております。

会社の方の混乱振りも、もうそろそろ収束しそうな雰囲気です。
Yahooショッピングで発送不可になってしまったお客様の分も、とにかく出してしまえる様に作業進行中です。
ただ、カード決済全面不可なので、集金できない発送が大半を占めるのは必至。

・・・ともかく、一番困っているのはお客様なので、損金やむなしで進めさせて頂きたいと思います。

スポンサーサイト

授業中♪


「後発育成」
今はひたすらに打ち込むべきなのかも知れません。

ロボット修理と育成の為の教育。
この二つを軸にして、建て直しを図りたいと思います。

サレジオ訪問


いろいろあって気持ちが凹んでいる時は、原点に戻ってみるのも大事。
ということで、母校に足を向けて見ました。

高専の夏休みはちょうど「アイデア対決NHKロボットコンテスト」向けの機体製作の真っ最中な訳でして

生徒さんたちが熱い議論を交わしながらロボット製作を進めています。
(写真はだいぶ日付がさかのぼります。現在の状態を見せちゃうとフェアでなくなりますし)

また、少し前に導入されたワイヤー放電加工機の見学もさせてもらいました。

写真はかわロボ用380モータのステー兼ヒートヒンクを抜いたモノ。
見た瞬間「うわ原価高そう」と反応してしまうあたり、だいぶ技術屋薄れてます(苦笑)

また、最近かわロボの大学生&社会人の皆さんに学校の工房訪問をしていただきましたが
「自作サーボ機構による有人4足歩行ロボット」を、ほぼ一人で作り上げた学生さんに、みんなテンション上がりまくりw



遠隔操縦はもちろん、胴体中央に人が乗って歩行できるこのロボットの制作費は数千万・・・な訳は無く(爆)、独学&手作りでほぼすべての要素を完成させた学生さんの情熱に感動するばかり。

サーボ制御にも独自の理論を組み込んで、市街地程度の屋外ならば特に問題なく歩行できるそうです。
実物の制作費をこっそり聞いたところ、現在仕上げ中の2号機で国産新車1台分(1年間の開発費用別)、写真の1号機で中程度の軽自動車1台分くらいしかかかっていないとか。

すでに開発者の就職先はバッチリ決まっている(そりゃそうだろうなあ・・・)そうで、学校の方でも継続研究の為こういった実用ロボット用途を求めている企業団体様との連携先を現在探しているとのことです。
ご希望の企業団体様がいらっしゃいましたら、紹介させて頂きますのでご一報下さい。

そういや在学中に、一人乗りの二足歩行ロボットを作ろうと結構本気で設計していたっけ。

(画像は使いまわしで申し訳ないですが、)当時の設計は巡り巡ってコイツの脚部の基礎になりました。

なかなかそう簡単にテンションが上がるわけではありませんが、今忘れかけているものが何か、なんとなく判った様な気がしてきました。

情熱あふれる若き技術者の卵たちに感謝です。

大量の・・・


未読件数のほぼすべてが「迷惑メール」プロバイダのフィルタリング機能が働いてもこの状態。

どれだけ消しても1時間後にはもう1000件オーバー、夢現の使用アドレスすべてがこの状態。

・・・いったいなんなんだろう・・・。

飛行機飛びます


ちょっと気分転換に、友人がデザインして工作教室に使用している飛行機のペーパークラフトを作ってみました。

これが予想外(失礼!)によく飛ぶものですからもう子供達大フィーバー。ハサミでじゃきじゃき切ってノリで貼って、ねじれや曲がり具合を直したら、もうすぐに家中飛び回ってます。

写真の2機、片方は頂いたデータのままで、もう片方は無地のものに色を塗ったり模様を書いたりして作ったものです。児童館や地域の工作教室にとってもお勧めな一品が完成したと喜んでいます。

「ロボット屋なのに紙飛行機?!」なんて思う人もいるでしょうが、子供達が目を輝かせながら自分達で作った飛行機を空高く飛ばしている光景を想像することが出来れば、今のこの社会に対して、ウチが何を夢見て活動しているかきっと判ってもらえるかと思います。

とりあえず「この飛行機キットで工作教室がやりたい!」と希望の方は、デザインした友人が運営しているロボット団体まで連絡をお願い致します。
ハイテク紙工作(?)から本格的な電子回路学習まで、広い範囲でお客様のご希望に対応できるスタッフが活動しています。

楽天市場/スーパーwifi

お得なスーパーwifi

さて、稼ぎますか!

楽天市場/お勧め

楽天市場/ホビー

楽天トラベル

amazon/パソコン周辺機器

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。