スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATTACK4?WD(その2)

13030705
その1に続けて箱から出してみます。
まずは受信機。

ペアリングはケースの穴から中のスイッチを押して行います、RCのコネクタは基板の面方向から取り出すタイプに。
6Jの受信機に比べると、用途が自動車用ということもあって、あえて従来の4WD用受信機に近い形にしてあるイメージです。

で、箱から送信機を取り出して電池ボックスのふたを開けると
13030709
コノ、ドマンナカノ空間ハナンダロウ・・・

と、一瞬金縛りに会いますが6Jとは逆の、両端に2本ずつ単三電池をいれる方式になっています。
こんな感じに。
13030712
ちなみに中央部分には電池ボックス時代のなごりか、金具を入れるモールドがそのまま残っています。

予想外だったのはスティックをもった瞬間。
「右側がスプリング仕様になってる!!」
13030707
画像は左側w 従来4WDの右スティックは確かラチェット式+スプリング式だった筈ですが、今回届いたものが手違いでなければ(まずないだろうけど)両方ともスプリング式の、昔でいうところの「ロボコン仕様」でした。
ロボコン用に使うとしたらちょっと得した気分です。

で、ロボコンで2.4GHzと言えば、のFUTABA/6Jと並べてみると・・・
13030708
サイズはほとんど変わりません。
アンテナが残っているのと、デザイン上の都合で少し平べったい印象を受けますが、スティックの位置などもほとんど変わらず、なんだか使いやすいのでは?といった印象を受けました。

最後にびっくりしたのがその重量。
6Jが電池入れた状態で約670gだったのに対して、
13030710

今回の4YWDが
13030711
なんと約570g! 600g切ってる!!
軽いです。ほんと電池入れ忘れたんじゃないかってくらい軽いです。

正直、宅配便さんから荷物受け取った時もあまりの軽さに「中入ってる?」と不安になったくらいです。

OEM製品故、受信機単体とか数を買ったりとかはなかなか難しい品物ですが、
「ATTACK4WD」の名前を受け継いだ使い勝手の良いプロポだと思います。

6Jで動かしてる競技用ロボット組み替えて、試しにいろいろいじってみましょうかね。

楽天市場/スーパーwifi

お得なスーパーwifi

さて、稼ぎますか!

楽天市場/お勧め

楽天市場/ホビー

楽天トラベル

amazon/パソコン周辺機器

検索フォーム

更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

携帯用QRコード

QR

Amazon:通販

amazon/TVゲーム

amazon/模型関係

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。