スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボット用ESCコントローラ

13050300
ひとまずArduinoUNOで試作。

第一段階は入力されたラジコンパルスを読み取り、普通のRCカー用ESC(ブレーキ/バック付)の動作を制御するプログラムの構築からスタート。

入力側はFUTABAのT6JをVテールミキシングモードで使用します。

競技用ロボットだと、Vテール+ブレーキ動作をキャンセルしたESC(いわゆるロボコン仕様)を使うのが一般的ですが、
PC等で設定できるタイプはなかなか高価なのでロボット製作時の負担になります。

今回はモータードライバを製作するのではなく、RC受信機とESC/サーボ等の間にマイコンを挟んで、高機能な制御を少しでも安価なパーツで実現しようというのが目標。

13050301
自分のかわロボをもっていないので、ひとまず仕事の助手の旧マシンを強奪wwして搭載。
試作プログラムで実験開始です。




Vテールモードがあるのと、使い勝手の良さでお勧め。



ブレーキがキャンセルできない代わりに安価なESCが使えるようになればロボット製作でかなりの節約になります。

楽天市場/スーパーwifi

お得なスーパーwifi

さて、稼ぎますか!

楽天市場/お勧め

楽天市場/ホビー

楽天トラベル

amazon/パソコン周辺機器

検索フォーム

更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

携帯用QRコード

QR

Amazon:通販

amazon/TVゲーム

amazon/模型関係

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。