スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルダー造形中

13050600
依頼のあったホルダーの試作品を造形中。
卓上CNCとの違いを実感しながら条件出しをしていきますが、何と言ってもはっきり出る差は”廃棄物の少なさ”でしょうか。
13050601
サポート材の除去分もありますが、CNCで言うところの「削りカス」に相当する捨て打ちフィラメントの出る量も圧倒的に少ない様に見えます。
上の画像はホルダーやロボットのモデルなど、数個出力した後での捨て打ちされたフィラメントゴミの量。
片手で一掴みする程もありません。
13050602
出力されたカードホルダー。
試作一個目で持った感じや組込部品との合わせ具合を確認し、必要であればまたデータを修正して再出力します。

3Dプリンタ最大のアドバンテージは「その場で立体化される」事に尽きます。
熱収縮による寸法誤差や造形パーツの設定に多少の慣れは必要だと思いますが、上手く使いこなせばもの作りに対して素晴らしい道具になるのは間違いないでしょう。

但し、この機械を持っている=なんでも創れる、と考えるのは、実際に使ってみてもちょっと違うような気がします。

精度モノや金属加工とった切削加工の方が優れているケースもありますし、中には手加工で処理した方が良い部位もあるでしょう。
そういった「適材適所」な使い方を、材料だけではなく工作機械の方にも活かす事で3Dプリンタの魅力、というか威力を最大限感じとれたらいいなと思います。

楽天市場/スーパーwifi

お得なスーパーwifi

さて、稼ぎますか!

楽天市場/お勧め

楽天市場/ホビー

楽天トラベル

amazon/パソコン周辺機器

検索フォーム

更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

携帯用QRコード

QR

Amazon:通販

amazon/TVゲーム

amazon/模型関係

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。