スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

測ってみたよ

13060200
お待たせしましたの3D造形物、寸法測定を実施しました。
測定対象は助手に許可とって追加製作した、今年のかわロボ参戦用ロボットの脚機構パーツです。
今回は出力精度を「標準=0.25mm」にして出力しました。

13060203
使用機種や加工精度から、0.1mm以下は見なかった事にします。
比較対象のCNCフライス(MDX-20)だって、0.1mm以下は加工精度保障外みたいなものなので。

と、言うわけで。
おおざっぱに測ってみた衝撃の結果が以下!!
13060201
(大きい画像はクリックしてご覧ください)
図中青い値がCAD設計時の寸法で、
赤い値が出力された造形物をノギスで測ったものです。

簡単に表にしてみたのがこちら
13060202
(大きい画像は以下同文)

もともと使用している「3DTouch」のX-Y方向の造形精度はカタログスペックだと

「0.1mm又は形状寸法の1%の大きい方」

となっているので、外形寸法の平均”1%以下”はまあまあ頑張っている方だと思います。
問題はいわゆる「穴」の方。
簡単に言ってしまうと、小さくなればなる程溶けたフィラメントのはみ出し分で穴が埋まってくるといった感じで、ほぼ下穴程度にしか期待しない方がよさそうです。

まあドリルで仕上げ加工をして、成形跡(細かい線みたいな跡)を消す為にペーパーを一通りかければ解決できそうな範囲の問題なのかな?とは思いますが、3Dプリンタで機構部品を製作するんだという時には注意が必要だという事で知っておいて損はないと思います。

卓上CNCフライス盤 『黒い奴』

卓上CNCフライス盤 『黒い奴』
価格:280,000円(税込、送料込)





楽天市場/スーパーwifi

お得なスーパーwifi

さて、稼ぎますか!

楽天市場/お勧め

楽天市場/ホビー

楽天トラベル

amazon/パソコン周辺機器

検索フォーム

更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

携帯用QRコード

QR

Amazon:通販

amazon/TVゲーム

amazon/模型関係

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。