スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MR-C3024の初期設定(その2)

MR-C3024」を使った自作派、改造派向けの調整手順説明その2は、回転方向設定ウィンドウの使い方について説明します。

 ※ 使用前にROBOBASICのマイコン設定を「MR-C3000 シリアル」にしておきましょう。

 その1と同じように、ウィンドウが表示されたら「READ」ボタンを押します。すると、マイコンからサーボの回転方向データを読み出します。


 上図がマイコンボードから読み込んだ値、下図がROBOBASICのプログラム中で記述した回転方向設定「DIRコマンド」の設定内容です。
各サーボ番号のアイコンの上でクリックすると設定値が「1」と「0」を交互に切り替えることが出来ます。

サーボの回転方向は
 設定値が「1」: サーボホーンを上から見て時計回り(右回り)
 設定値が「0」: サーボホーンを上から見て反時計回り(左回り)
になり、同じ値でサーボ動作命令を与えても逆方向に回転するようになります。

 このウィンドウを利用して、ここでサーボモーターの回転方向を設定することも出来ますが、注意点として
 ・ サーボ番号24から31は設定しない(エラーの恐れ有り)
 ・ ROBOBASICプログラム中の「DIR」コマンドは削除する(プログラムを実行すると設定データが書き換えられてしまう)
 の2点を忘れない様にしましょう。
またアナログサーボ等、一部のサーボモーターは回転方向を切り替えると原点位置もずれる場合が有ります。必要であれば回転方向の設定後、原点設定タブをクリックして再度調整する様にしましょう。

起動時の初期位置設定「INIT」については、少々長くなるので”その3”にしたいと思います。

楽天市場/スーパーwifi

お得なスーパーwifi

さて、稼ぎますか!

楽天市場/お勧め

楽天市場/ホビー

楽天トラベル

amazon/パソコン周辺機器

検索フォーム

更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

携帯用QRコード

QR

Amazon:通販

amazon/TVゲーム

amazon/模型関係

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。