スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「or」か「and」か

学生を指導していると良く遭遇する状況。

「先生、AとBどっちにすれば良いんですか?」

一番多いのは就職指導。

学「働いたらそのお金で本格的に***(趣味)をやりたい。」
 私「ふんふん」
学「でも勤務地とか残業とかで***やってる暇なんて十分ないかも知れませんし」
 私「そうかも知れないねえ」
学「やっぱり就職する為には、***は辞めるべきなんでしょうか?」

だいたいこういう場合は学生に「辞めなければいけない理由が本当にあるの?」と再度確認しています。

やりたいことを優先して仕事を選んだりしたら、働く事にはいつまでも身が入らないでいずれリストラや大失敗のもとになります。
かといって働くためにやりたいことを諦め、再開の機会すら失ったらいずれ大きな未練になってやはり仕事にさし障るでしょう。

じゃあどっちを選べばいいの?!と悲観的になってはいけません。

「or」ではなく、「and」の考え方をしてみましょう。
「仕事を頑張らなくてはいけない、だから趣味を諦めます」
 ではなくて
「働き出したら趣味を極めたい、そのために仕事にも全力で臨みます」
位に考えた方が、気持が前向きになってきて、いつもよりちょっとだけ元気になれます。

楽天市場/スーパーwifi

お得なスーパーwifi

さて、稼ぎますか!

楽天市場/お勧め

楽天市場/ホビー

楽天トラベル

amazon/パソコン周辺機器

検索フォーム

更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

携帯用QRコード

QR

Amazon:通販

amazon/TVゲーム

amazon/模型関係

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。