スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18回大会分析

「第18回かわさきロボット競技大会 バトルロボットトーナメント」
エントリー一覧表が掲載されたので公開情報を基にちょっと分析してみました。

まず参加校の都道府県分布。
分布図
今年も来てくれました苫小牧!をはじめ、都内が最多数を占めるのはいつも通り。
「関西大会を」という声も多く、参加台数はそこそこ充実している関西圏ですが、こうやってみると参加校数的にはそれほど多くはないんですよね。
卵が先かニワトリが先か。関西大会開催で参加校が増やせる可能性は大いに有ると思うのですが、引き続き懸案事項でしょうね、これは。

次は参加台数の多い学校10選。
参加校比率
昨年の王者神奈川工科大学が最多かと思いきや、TDUの24台!ってかつての立命館を思い出さんばかりの勢い。当日電大生が100人来るのか?!TDUだけで控室占領しそうだな・・・。
芝浦、神奈工に対する西の雄、立命館と大工大。一時程の勢いは有りませんがこれに近畿大学が加わる事で毎年東西3巨頭対決が構成されます。

若き技術者の卵、高専勢も今年は産業技術品川を先頭に茨城、群馬、長岡、苫小牧(OB)、他と沢山集まってくれました。
「知の大学、技術の高専」と言われているのが一般的ではありますが、「知も技術も有する大学生技術者」の作りだすロボット相手にどうやって渡り合うか?技術力の極みが試される所です。

さあ、書類審査の結果を皆さんお楽しみに!

楽天市場/スーパーwifi

お得なスーパーwifi

さて、稼ぎますか!

楽天市場/お勧め

楽天市場/ホビー

楽天トラベル

amazon/パソコン周辺機器

検索フォーム

更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

携帯用QRコード

QR

Amazon:通販

amazon/TVゲーム

amazon/模型関係

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。