スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arduinoの使用環境を整える

ArduinoマイコンボードをUSBケーブルでコンピュータに接続します。
パソコンに初めてマイコンボードをつなぐと、データ通信の為のドライバをインストールするウィザードが立ち上がります。

MAC OSの場合はほぼ全自動でセッティングが終わり、問題なく使用できるのですが、Windowsの場合はインストールウィザードが起動します。
Arduinoの開発環境をダウンロードすると、専用のドライバも一緒に提供されますが、初めて使用するPCでは基本的に自動インストールする事が出来ませんので、手動でセットアップします。

12032301
画像はWindowsXPの画面で説明します。
最初の画面でインターネットに接続してWindows Updateに接続しますか?と聞いてきますが、ネットに接続する必要はありませんので「いいえ、今回は接続しません」を選びます。

12032302
次の画面では自動セットアップを選ばず、「一覧または特定の場所からインストールする」を選びます。
12032303
ダウンロードしたArduinoのフォルダ内に、「Drivers」というフォルダがありますので、これを選択してドライバのインストールを続行します。
途中でセキュリティ上の警告表示が出る場合がありますが、「続行」を押してインストールを続けます。

一度セットアップを行ったPCであれば、同じバージョンのArduinoボードを使用する際のドライバインストールは自動で行われます。但し、無印UNOからUNO R3など別バージョンのArduinoボードを使用する場合は、最初の一回目のみ手動セットアップを行う必要があります。

ドライバのセットアップが完了したら、IDEのTOOLメニューから使用するマイコンボードと通信用COMポートの設定を行います。
12032304
「Tool」-「Board」の順にメニューを選択し、使用する種類のボードを指定します。
純正品はその名前の通りのボードを選べば大丈夫ですが、互換ボードを使用する場合は対応表を確認するなどして適切なボードを選びます。
このボード選択が間違っていると、スケッチ(=プログラム)転送が正しく行えなくなりますので注意しましょう。

12032305
ボードの選択が終わったら、準備の最終段階としてデータ転送の通信ポートを指定します。
「Tool」-「Serial Port」の順に選択し、マイコンボードが接続されているCOM番号を指定します。
このポート番号は、コンピュータの設定によって変わりますので自分の使用している環境をよく確認して指定します。
機種によっては、USBポートを指す場所を変えると、COMポート番号も変わる場合がありますので注意して下さい。

開発環境の設定が終わったら、実際にマイコンボードにプログラムを転送して動かしてみましょう。



楽天市場/スーパーwifi

お得なスーパーwifi

さて、稼ぎますか!

楽天市場/お勧め

楽天市場/ホビー

楽天トラベル

amazon/パソコン周辺機器

検索フォーム

更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

携帯用QRコード

QR

Amazon:通販

amazon/TVゲーム

amazon/模型関係

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。